企業情報

Company profile

イノアックグループの軌跡

SINCE 1926

始まりは自転車のタイヤ・チューブ生産から。時を超え、国境を超え、イノアック・グループはウレタン・ゴム・プラスチック・新素材製品の総合サプライヤーの集合体へと成長しました。

国内海外
1926年 井上護謨工業株式会社の前身である「井上護謨製造所」を、愛知県名古屋市熱田区に設立。
自転車用タイヤ・チューブの生産開始。


創業当時の井上本店
-
1933年 - IRCブランドのタイヤ・チューブの輸出開始。
海外活動を開始
1938年
  • 法人組織として「井上護謨工業株式会社」を設立。
  • 工業用ゴム製品(型物・押出)の生産開始。
-
1948年 東京都中央区に東京営業所を設立。
営業拠点の拡張を図る
-
1952年 オートバイ用タイヤの生産開始。 -
1953年 ビニールホースなど合成樹脂製品の生産開始。 -
1954年 ドイツ、バイエル社との技術提携により「エム・テー・ピー化成株式会社」を設立。
日本で初めてウレタンフォームを生産開始


バイエル社のステッケリン博士来社
-
1957年 硬質ウレタンフォーム「フォームライト」を生産開始。
日本で初めて硬質ウレタンフォームを断熱材に採用。
-
1959年
  • ポリエーテル系フォームの商標を「カラーフォーム」とし、販売開始。
    カラーフォームマットレスを販売開始。
    寝装品分野へ本格的に進出
  • ガラス製・ポリエチレン製の短所を解決した透明ナイロン製ほ乳びんを販売開始。
    育児用品分野へ進出の第一歩を踏み出す
スリランカに海外初の合弁会社 "ASSOCIATED RUBBER INDUSTRIES LTD." を設立。
本格的な海外展開が始まる。

1960年 ウレタンフォームを使用した自動車内装部品が、日本で初めて採用される。
自動車部品事業へ進出の第一歩を踏み出す
-
1961年
  • ウレタンフォームの急激な需要増加に対応するため、愛知県安城市に安城工場を設立。
    国内各地へ生産拠点づくりを開始


    設立当時の安城工場
  • 水道管凍結防止材として「フォームエッジ」を発売開始。
    配管材分野へ進出の第一歩を踏み出す
-
1965年
  • 合成樹脂製品増産のため、愛知県碧海郡桜井町(現・安城市藤井町)に桜井工場を建設。
  • スイス、エラストマー社とウレタンエラストマー「チェラスト」製造の合弁会社、「日本チェラスト株式会社」<現:BASF INOACポリウレタン株式会社>を設立。
-
1966年 - 北米へのタイヤ・チューブの輸出を行なうため、アメリカに事務所を開設。
海外営業拠点の拡張を図る。
1969年 アメリカ、デグロウォール社と簡易壁装材製造のため、合弁会社<現分野:株式会社イノアックリビング>を設立。
DIY生活用品へ進出
タイに2輪車用タイヤ、チューブ製造の合弁会社 "INOUE RUBBER(THAILAND)CO., LTD." を設立。
1970年 - タイにウレタンフォーム製造の合弁会社 "BANGKOK FOAM CO., LTD." を設立。
東南アジアへの進出を本格化
1972年 -

インドネシアにウレタンフォーム製造の合弁会社<現:PT. INOAC POLYTECHNO INDONESIA >を設立。

1973年 ドイツ、フクラ社と松坂屋と高級家具の製造・販売の合弁会社「日本フクラ株式会社」を設立。
家具分野へ進出
-
1974年 オランダ、バーマス社から蓄冷剤の技術を導入し、生産開始。
物流資材分野へ進出
-
1975年 化粧品容器の生産開始。
化粧品分野へ本格的に進出。



インジェクションブロー成形による各種容器
-
1976年 「日本チェラスト株式会社」が、「ポリウレタン化成株式会社」に社名変更<現:BASF INOACポリウレタン株式会社>。合弁パートナーがドイツ、BASFになる。 -
1980年
  • 「井上護謨工業株式会社」の工業用ゴム・プラスチック部門と「エム・テー・ピー化成株式会社」が合併して、「井上エムテーピー株式会社」を設立。
    ウレタン・ゴム・プラスチックの総合化学メーカーの誕生。
    グループの統一ブランド「INOAC」誕生

  • 不燃ウレタンボード「サーマックス (S,SⅡ,TS,E1タイプ) 」生産開始。
    建材分野へ進出
-
1982年 FAX・コピー機などの紙搬送用ゴムローラーの製造開始。
OA機器分野へ本格的に進出
-
1985年 - 北米第一号合弁会社をカナダに設立。自動車内装部品の現地生産準備開始。
北米への進出を本格化

1986年 -
  • 北米中核拠点会社 "INOAC USA INC." をアメリカに設立。本格的な準備活動を開始。
  • アメリカに化粧品容器・粧材製造の会社<現: INOAC PACKAGING GROUP INC.>を設立。
  • 北米の自動車内装部品現地生産のため、アメリカに合弁会社を設立。
  • 欧州の自動車内装部品現地生産のため、ドイツに合弁会社 "BENOAC FERTIGTEILE GmbH." を設立。
  • ヨーロッパへの進出を開始
1988年 簡易梱包材「クロネル」を販売開始。
包装材分野へ本格的に進出
-
1990年 「井上エムテーピー株式会社」から「株式会社イノアックコーポレーション」へ社名変更。
「INOAC」CI リニューアル

-
1991年 グループの総合研究所「株式会社イノアック技術研究所」を神奈川県秦野市に開設。 -
1994年 グループ内のリビング・生活用品の販売部門を統合し、総合的な企画販売の新会社「株式会社イノアックリビング」を設立。
  • フランスと中国に化粧品容器製造の合弁会社 "POCHET INOAC INC."「上海井上新芸塑料有限公司」を設立。
  • 中国への進出を本格化
1996年 - ベトナムにオートバイ用タイヤ、チューブとゴム部品製造の合弁会社 "INOUE RUBBER VIETNAM CO., LTD." を設立。

1999年
  • 日本で初めて、環境にやさしいウレタンフォーム製造システム「YESシステム」を八名工場にて導入。
  • 福祉介護用品の開発・販売を開始。
    福祉用品分野へ本格的に進出
-
2000年 ブリヂストン社とオートバイ用バイアスタイヤの開発・製造の合弁会社「ブリヂストン・アイアールシー マニュファクチュアリング」を設立。 -
2001年
  • ベルギー・レクティセル社と自動車内装部品製造の合弁会社「イノレックジャパン」を設立。
  • 関東エリアのヘッドレスト生産拠点として、新会社「南関東イノアック」を設立。
  • 中国に樹脂ボトル製造の合弁会社「上海井上大成塑料有限公司」を設立。
  • タイに自動車用ゴムホース製造の合弁会社 "INOAC TOKAI(THAILAND) CO., LTD." を設立。
2002年
  • 自動車用部品の西日本の拠点として、新会社「I.W.フォーム九州」を設立。
  • 発泡品の加工販売会社と加工製造会社を統合した新会社「関東イノアック」を設立。
  • 中国に新素材・新製品開発の新会社「蘇州井上高分子新材料有限公司」を設立。
  • 中国に自動車樹脂部品生産・販売の合弁会社「寧波井上華翔汽車零部件有限公司」を設立。
2003年 -
  • 中国にローラー等OA機器部品の生産・販売会社「蘇州井上中鼎弁公機器製品有限公司」を設立。
  • 中国にゴム成型品製造の会社「寧波井上永泰橡塑製品有限公司」を設立。
  • 中国にマイクロセルウレタンシート "PORON®" の開発・生産および自社製品の販売会社「羅傑斯井上高分子材料(蘇州)有限公司」を設立。
2004年 -
  • 中国に自動車部品の製造・販売会社「天津井上高分子材料制品有限公司」を設立。
  • タイに自動車樹脂部品の製造会社 "INOAC AUTOMOTIVE(THAILAND) CO., LTD." を設立。
2005年 自動車ヘッドレスト表皮裁断から完成品化までの一貫ライン生産拠点として愛知県豊橋市に豊橋工場を設立。 -
2006年 -
  • ベトナムにOA機器部品の製造会社 "INOAC VIETNAM CO., LTD." を設立。
  • 中国に発泡品製造拠点として高機能ウレタンフォームの生産会社「東莞井上高分子材料有限公司」を設立。
  • タイに、アジアにおけるグループ会社の統括機能を持った "INOAC(THAILAND) CO., LTD." を設立。
2007年
  • マイクロセルウレタンシート "PORON®" の生産工場として愛知県知多郡武豊町に武豊工場を設立。
  • 自動車内外装部品の一貫生産ライン工場として、岩手県北上市に北上工場を設立。
-
2008年 イノアックコーポレーションの住宅部材、インフラ用配管などを取り扱う部門を分社化し「イノアック住環境」を設立。 メキシコに新たな発泡品製造拠点として "Saltillo Interior Trim S.A. de C.V." を設立。
2009年 (株)イノアックコーポレーション本社(東京)を大崎ウエストシティビルに移転、展示会を開催。
  • 中国天津に「天津井上華翔汽車零部件有限公司」を設立し、河北の製造・販売を強化。
  • 中国成都に「成都井上高分子材料有限公司」を設立し、内陸部の物流・加工拠点を整備。
  • 北米に "INOS TECHNOLOGIES. LLC." を設立し、医療関連ウレタンの試験研究および販売を開始。
2010年 -
  • 中国華南地区に東莞営業所を新設。
  • 北米で "CREST FOAM INDUSTRIES INC." を100%子会社化し、特殊ウレタン製造・販売を強化。
2011年
  • 大崎などにリビングプラザオープン。
  • (株)イノアック技術研究所が「nano tech 大賞(素材・部門賞)」を受賞。
  • シンガポールで "POLYFOAM ASIA PTE LTD." を核とする中国、タイ、アジアの経営統括体制を整備。
  • スリランカに "INOAC POLYMER LANKA (PVT) LTD." を設立。
  • インドネシアの生産拠点再編。
  • 北米で "INOAC EXTERIOR PRODUCTS.LLC." を100%子会社化し、自動車向けスポイラー事業を強化。
2012年 -
  • ヨーロッパでの情報収集および今後のビジネス拡張における拠点として "INOAC EUROPE GmbH" を設立。
  • カナダおよびアメリカに自動車外装部品事業の新会社 "ABC INOAC EXTERIOR SYSTEMS" を設立。
2013年 環境にやさしいクリーンな発泡シート "FOLEC®" 生産開始。 スリランカ "INOAC POLYMER LANKA (PVT) LTD." にて量産開始。
2014年
  • 世界最薄の "PureCell®" 生産開始。
  • 一般財団法人「ポリウレタン国際技術振興財団」を設立。
-
2015年 ウレタンフォーム生産開始60周年を記念して「ポリウレタン国際フォーラム2015」を開催。 -
2016年 -
  • "INOAC VIETNEM CO., LTD." にて新発泡ラインの量産開始。
  • "PT. INOAC POLYTECHNO INDONESIA" にて新発泡ラインの量産開始。
  • "INOAC LIVING VIETNAM Co.,Ltd." を設立。

企業情報