『 カラーフォーム®誕生 』のルーツは、日本初ウレタンフォーム量産化の歴史とともにあった『 カラーフォーム®誕生 』のルーツは、日本初ウレタンフォーム量産化の歴史とともにあった

1954年(昭和29年) 20世紀の化学が生んだ傑作
「モルトプレン」との出会い

戦後、日本経済がようやく息を吹き返しつつあった頃。
井上護謨工業(現・イノアックコーポレーション)の創業者である井上愛一は欧米諸国を歴訪し、ゴム工業、石油化学工業を精力的に視察して回りました。

井上愛一は、この時に出会ったウレタンフォームの将来性に着目し、1955年(昭和30年)には、井上聰一(現イノアックコーポレーション代表取締役)に全権を託し、ウレタンフォームプラント輸入準備のため西ドイツのバイエル社へ派遣しました。

そこで目にしたのは、「モルトプレン」の商品名で呼ばれる、ポリエステル系の樹脂でスポンジ状の物質でした。

1950年代当時のバイエル社

1950年代当時のバイエル社

モルトプレン製品カタログ

モルトプレン製品カタログ

初めてモルトプレンを見た時、
キラキラ光るフォームを手にして何か貴重な宝を得たような感動を受けた

ドイツ・バイエル社訪問時の井上会長

ドイツ・バイエル社訪問時の井上会長

このバイエル社が創り出したウレタンフォームは、ポリオールとイソシアネートの化学反応によって化学架橋と発泡を同時に生成させるという画期的な発明で、商業的に大量生産に成功した最初の製品といえます。

「日本ではまだ知られていない未知の素材は、これまでの常識を覆し、人々の生活様式に変革をもたらすことになるであろう」と、井上聰一はモルトプレン技術の日本への導入を決断し、バイエル社との技術提携により、モルトプレン生産技術の導入に着手しました。

量産が始まるとドイツでの調査をもとに、まずは雑貨用のスポンジを製造し「モルトクリーナー」の商品名で販売を開始。台所用、浴室スポンジのような家庭雑貨からスタンプ台やインキパッドといった文具用品まで身近な生活用品を製造販売していきました。

モルトクリーナー

1959年(昭和34年) ソフトな感触の寝心地
「カラーフォーム」誕生

ポリウレタンフォームの生産開始から4年余。どのような分野に応用していくか試行錯誤が続きました。

1956年(昭和31年)にはモルトプレンの軽さと保温性に着目し、マットレスや寝装品に着手しました。大手百貨店にて「モルトプレンマットレス」が発売されましたが、当時はラテックス製の柔らかなマットレスが主流となっており、ラテックスフォームのソフトな感触を持つモルトプレンの開発が求められていました。

モルトプレンマットレス
「カラーフォーム」宣伝カー

「カラーフォーム」宣伝カー

「カラーフォーム」製品カタログ

「カラーフォーム」製品カタログ

突破口となったのが、アメリカで新しい石油化学の材料として開発されたポリエーテル系ウレタンフォームでした。

開発されたポリエーテル原料を輸入し、日本で初めてポリエーテル原料によるフォームの生産に成功しました。モルトプレンの軽さと保温性を保持したまま、座り心地の良さを実現したこのポリエーテル系ウレタンフォームを、モルトプレンと区別して「カラーフォーム」と名付けました。

1959年(昭和34年)には「カラーフォーム」の商標で、ウレタン製マットレスを販売開始し、寝装品分野に本格的に進出しました。

時代は高度経済成長期の入り口。生活に豊かさと快適さを求める人々の声に応え、1962年(昭和37年)には驚異的に市場が拡大しました。

2019年(平成31年) 生活のあるところに
「カラーフォーム」がある

カラーフォームの誕生から2019年(平成31年)で60周年を迎えます。カラーフォームはそれまでの常識を覆す新しい素材として、人々の身近な生活の分野から産業分野へとその可能性の領域を拡大しながら進化し続けてきました。

カラーフォームの誕生から普及までを支え、さまざまな分野の製品開発に取り組んだ経験は、時代を超えて、現在の商品開発にも受け継がれています。

「カラーフォーム」は現在の製品にも活かされています。

「カラーフォーム」は現在の製品にも活かされています。

このページの先頭へ